不妊治療を頑張る夫妻に|新時代の幕開け!

レディ

妊娠中に必要な栄養

夫婦

体内で不足すると

お腹に子供ができると、色々なことに配慮しなければならなくなります。特に妊婦が気にしなければいけないのは、毎日の食事です。お腹の子供が健康に育つためには、バランスよく栄養を摂る必要があるからです。中でもカルシウムを意識して摂ることは、とても重要です。というのも、お腹の子供の歯や骨を形成していく上でカルシウムは必要不可欠だからです。もし十分なカルシウムが摂れないと、母親の歯や骨にあるカルシウムが赤ちゃんに運ばれます。したがって、妊婦さん自体の骨が脆くなるので、骨折などの怪我をしやすくなるのです。また、イライラしやすくなったり、肩こり、腰痛を発症しやすくなります。妊婦さんが、健やかに過ごすためにもカルシウムは大切です。

食事とサプリで摂る

一般的に、妊婦が一日に必要とされるカルシウム量は900ミリグラムとなります。カルシウムは、牛乳やヨーグルト、煮干などの食品に豊富に含まれています。ただ食事で意識して摂っても、一日、900ミリグラムを摂るのは至難の業です。なので、食事とともに、カルシウムのサプリを摂ることをお勧めします。現在、ドラッグストアにいけば様々なタイプのサプリメントが販売されています。そのどれもが、妊婦にとって良いものではないです。というのも、含まれる成分によって、赤ちゃんによくないものもあるからです。なので、購入する際は、必ず薬剤師に妊娠中に飲んで安全なものか確認した方が良いです。安全にカルシウムを摂るには、細心の注意が必要といえます。